キッザニア東京で3回目のお仕事体験。バレンタイン限定アクティビティを楽しんできました♪

先月初めてお出かけして以来、家族ですっかり夢中になってしまったキッザニア。

5歳の娘ちぇぶちゃんのキッザニアお仕事体験の話をもう少し続けます。

今年の1月、ちぇぶちゃん念願のキッザニアデビュー。

そして今回は、3回目のお仕事体験の話になります。

娘が「どうしてもチョコレートハウスに行ってブラウニーを作ってみたい」と言うので、それならバレンタイン期間中にもう一度行ってみようかという話になりました。

ブラウニーはおうちで作ってみても良いのでは?と提案したのですが、娘は実際に目にした「チョコレートハウス」の存在がどうしても気になって仕方がなかったようです…(^^;)

前回より気持ち早めの到着を目指してはみるものの、それほど早い番号がもらえるとも思えず… 念のため、チョコレートハウスの予約ができない場合の作戦も立ててからキッザニアに向かいました。

キッザニア 3回目のお仕事体験(娘 5歳3か月)

入場後、すぐにやること
  • 入場後、第一希望のチョコレートハウス前に行きお仕事を予約する
  • 解放時間の3時50分まで娘はチョコレートハウス内で待機
  • 解放時間までの間、親の私達は手分けして園内を回りながら一番最初に体験できそうなお仕事を探す
  • 4時から始められそうなお仕事をいくつか探し、ちぇぶちゃんと相談してサラダショップでお仕事することに決めて受付。
予約したお仕事( チョコレートハウス )が始まるまでにやったこと
  • サラダショップでサラダシェフのお仕事体験開始→終了
  • 商店街のお花屋さんでお仕事体験開始→終了
  • 劇場でステージマジシャンのお仕事体験 開始→終了
チョコレートハウスでしっとりブラウニー作り体験(♡バレンタイン限定パビリオン)
  • チョコレートハウスでしっとりブラウニー作り体験開始→終了
  • 第二希望のソフトクリームショップを予約
  • 休憩、食事。
ソフトクリームショップでお仕事体験(♡バレンタインアクティビティ)
  • ソフトクリームショップでお仕事体験開始→終了
  • 地下鉄(運転士)予約。
  • 地下鉄のお仕事開始までにデパートに入店し、これまで稼いだキッゾでお買い物… のはずが、時間内に決めきれずお買い物は断念。お買い物体験は次回以降に持ち越しです。
地下鉄で運転士のお仕事体験
  • 地下鉄で運転士のお仕事体験開始→終了

結果、この日は

  1. サラダショップのサラダシェフ
  2. 花屋さんでフラワーアレンジメント体験
  3. 劇場のステージマジシャン
  4. チョコレートハウスでしっとりブラウニー作り体験
  5. ソフトクリームショップのお客さん
  6. 地下鉄の運転士

という、6つの体験をすることができました。

お仕事体験の様子など

それぞれのお仕事体験の様子について、今回も簡単にメモしておきます。

ちなみにこの日、娘が一番やりたかった事は「チョコレートハウスでしっとりブラウニー作り体験」でした。

キッザニアでは2月に入ってバレンタインのイベントが行われており(~14日)、バレンタイン期間限定パビリオンやバレンタイン限定アクティビティが用意されています。

参考 バレンタイン2019|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)キッザニア

当日は前回よりも少し早めにキッザニアに到着したにも関わらず、受付で事前に渡された整理券の番号は前回よりやや後ろという…(>_<)

第一希望のチョコレートハウスは大人気ですぐ受付終了してしまいそうなため、気持ちだけが焦ります。

待っている間にこの日ブラウニー作りを体験できる人数をざっと割り出した上で、娘とは「チョコレートハウス前でチラリと様子を見て、無理そうならそのまま前に進んでベーカリー(バレンタイン限定アクティビティ)へ向かおう」という作戦を立てました。

入場開始。チョコレートハウスを予約

いよいよ入場です。

入場口からそれほど遠くないチョコレートハウスには、既に受付の列が出来ていました。それでも、ざっと数えて何とか入れるのではないか?と思い、娘も「絶対にやる!」と言うので並んでもらいました。

もらった整理券は23番。4回目のお仕事に入れるかな?と当たりをつけつつ、パパ(&だっくん)と二手に分かれて娘のやりたいお仕事の受け付け状況や混み具合をチェック。

「2月に作れるメニューを試してみたい」と話していたサラダショップなら入れそう!ということで、解放時間の後すぐに娘と向かいました。

弟のだっくんは、いつの間にかお昼寝(夕寝?)し始めていました…(-_-)zzz

サラダショップ(サラダシェフ)

娘が以前からやってみたいと言っていたサラダショップのお仕事からスタート!

シェフ姿に変身したところで、ウェルカムダンスの音楽が流れ始めました。

すると、サラダづくりを指導してくださるスーパーバイザーのお姉さんが外に出てダンスを踊り始めました♪ 娘はお姉さんに付いて外に出て、ダンスを教えてもらいながら楽しそうに体を動かしていました。

ダンスが終わると、いよいよサラダ作りスタートです。

メニューは 冬野菜のパフェサラダ。

野菜を可愛らしく型抜きしたり、カットされている野菜やハムを盛り付けたり、外から見ていても楽しそうな様子。娘は初めての体験なので真剣そのものですが…。

パフェサラダを手に出てきた娘が「チョコレートハウスの前までにサラダを食べなくてはいけないの!」と言っていたので「どうしてかな?」と思っていたのですが、よく見るとカップに「2時間以内に園内で食べるように」との注意書きが貼ってありました。

なるほど~。

サラダはどちらかというと苦手な娘ですが、後のお仕事の合間にカップをシャカシャカ振り、ドレッシングをうまく絡めながら自分が作ったサラダを美味しそうにパクパク食べていました(^-^) 

「自分で作った!」という達成感の魔法というのでしょうか… ものすごい威力。

娘が私達にもシェアしてくれたパフェサラダ、本当に美味しかったです♡ 

レシピもいただけたので、お家でも試してみようと思います。

商店街のお花屋さん(フラワーアレンジメント体験)

サラダショップのお仕事中に目星をつけておいた商店街のお花屋さん。ほとんど待ち時間なく入ることが出来ました。キッゾを払い、自分だけのフラワーアレンジメントを作ります。

この時間に体験していたのは娘1人でした。

最近、何かを「作る」ことが楽しくて仕方がない娘は、スーパーバイザーさんのお話を真剣に聞きながらお花を選んだり飾り付けたりしていました。

花屋のお仕事中、パパと交替でチョコレートハウスの集合時刻までに出来そうなお仕事を探します。

劇場でステージマジシャンに!イリュージョンマジックを披露♪

娘を連れて石けん工場の受付状況を確認しに行くと、次の時間帯は既に埋まっており… 次の候補先へ向かおうとしたところ、ほぼ同じ場所でマジシャンの受付をしていたスーパーバイザーさんに声をかけられました。

マジシャンには2種類あるのですが、その時間に募集していたのは娘が全く乗り気ではない方のステージマジシャン…。ステージの出演時間が決まっているお仕事で、1部と2部それぞれ1回ずつの募集なのだそうです。

時間を計算しながら「やってみようか?」と言い出そうとしたその時、何と娘は「やってみる!」と言って前に出ました。

!? … ちょっとビックリ!

娘によると、前回の来園時に入会したキッザニアクラブには「いろいろなお仕事をこなすと、こなした数ごとに表彰されてプレゼントがもらえる」という特典があることを理解していたようです。

そして「やれるものは何でもやってみることに決めたの!」だそうです。

おまけに「わからないことはどんどん質問する」という態度もしっかり身につけつつある模様…。

これまで自分が嫌だと思うこと・自信がないことにはあまりトライしたがらなかった娘なのですが、どうやら少しずつ変わってきたようです(^-^)

ステージマジシャンの話に戻ります。

親はマジックの練習を見学することはできません。

指定された時間に劇場に入って待っていると、ほどなくマジックショーが始まりました♪

結構派手めな音楽や照明にあわせて、3つのマジックが披露されました。

この時、だっくん覚醒!場内が暗いので泣くかな?と思いましたが、なぜかマジックにくぎ付け。(ホッ…。)

娘はなかなか現れず… どうやら最後のイリュージョンマジックを選んだ様子。思っていたより楽しそう!?

▼こうしてみると、年中さんの娘はダントツに小さいことに気づきました。

キッザニアには娘と同い年くらいのお子さんもたくさんいますが、時には小学生や中学生と一緒にお仕事することもあり、こうしていろんな年代の子どもと触れ合うのも楽しそうです。

終わった後にショーの様子を撮影したDVDを頂くことができます。

すっかりマジックが気に入ったわが家の子どもたち、家で何度もショーを楽しんでいます♪

ほとんど休む間もなく、この日の本命アクティビティ・チョコレートハウスへ向かいます!

チョコレートハウス(しっとりブラウニー作り体験)

キッザニアのバレンタイン限定パビリオン・チョコレートハウス

2人一組になってしっとりブラウニーを作ります。

着替えて写真撮影をして手をしっかり洗い、ブラウニー作り体験スタート。

ブラウニーを焼いている間に、チョコレートに関する様々なクイズが出題されていました。

カカオ豆の産地や、世界の国々のチョコレート年間消費量の比較など、チョコレート好きのMashaも思わず聞き入ってしまいました。

クイズの内容は娘の記憶にも強く残ったようで「チョコレートを食べる時には西アフリカの国々のことを思い出すなぁ~」なんて言いながらおやつを食べています(^-^)

地図を見る機会も増えました。

娘が作ったしっとりブラウニー、とても美味しかったです♡

ブラウニーを作って既に大満足の様子の娘。この後どのお仕事を予約するかちょっと悩みましたが、娘がもう一つ「どうしてもやってみたい!」と言っていたソフトクリームショップに決めました。

チョコレートハウスのお仕事時間が少し長めだったので、このタイミングで休憩をはさむことにしました。

ソフトクリームショップ(お客さん)

ソフトクリームショップでは、バレンタイン期間限定でミュクレショコラ味のフレーバーを選んで作ることができます。

自分でくるくる巻いたソフトクリームにイチゴソースをかけて、出来上がり!

ブラウニー作りに引き続き、キッザニアに行く前からずっと憧れていたソフトクリームショップのお仕事を体験することができて、娘はとても嬉しそうでした。

出来上がった美味しいソフトクリームに、だっくんも大喜び!

弟に自分が作ったソフトクリームをシェアすることができて、ちぇぶお姉ちゃんも大喜びでした(^-^)

(※前回もそうでしたが、スプーンを人数分持って行って正解でした。)

ソフトクリームはすぐに食べなければならないので、完食後急いで次のお仕事をどれにするか考えます。候補を絞って、娘と一緒にパビリオンをいくつか回ります。

地下鉄(運転士)

「機会があれば、弟のだっくんが大好きな電車にまつわるお仕事にトライしてみたい」と言っていた娘と一緒に、地下鉄へ。

この時点で、親の私達は運転士のお仕事はどうかな?と思っていました。(しかもまだ受付中!)

ところが、娘は「運転は難しそうだから、軌道作業員になって線路を直したい」と言います。もちろん娘の言うとおりにしても良かったのですが、何といっても運転士が絶賛受付中(しつこいようですが…)。

「運転士も楽しそうだよ?」と言ってみたところ、渋々(!?)「それならやってみようかな~」ということで、運転士の受付をしてパビリオンの中へ入っていきました。

カッコイイ制服に着替え、一度外に出て親御さんたちに「行ってきま~す!」とご挨拶。

いよいよ運転開始です!

親は外にあるモニター越しにお仕事の様子を見ることができます。

次々と切り替わるモニター画面。娘はなかなか楽しそうな様子に見えました。

… お仕事を終え、出てきた娘。

「あぁ、運転ものすごく楽しかったよ~♪」

これ!この一言が親にとってたまらなく嬉しいのです。

娘はこの日、ずっとやってみたかったお仕事(ブラウニーやソフトクリーム作り)が出来たことに大満足でした。

それでも、「今日はどのお仕事が一番楽しかった?」と質問すると、それほど乗り気には見えなかった「地下鉄の運転士とマジシャンがと~っても楽しかった!またやりたい!!」と答えてくれました。それがまた、とても良い表情をしているのです(^-^)

上手く説明できませんが… それぞれのお仕事の達成感に加えて、こういった意外な楽しさといいますか、そんな気持ちを味わうことができるのもキッザニアの醍醐味の一つと言えるのかな?と感じています。

成果物など

今回もお腹と心はいっぱい。成果物もいろいろ。

初回のCMスタジオのDVDのように、マジックショーのDVDを繰り返し見ながら「このマジックはね…」と得意そうに話す娘の姿が何だか頼もしい。宝物がどんどん増えていきます。

冊子やレシピからその日の体験を再現してみたり、実際に体験した・これから体験したいお仕事に関する本を読んだり… 今後、いろいろな学びにひろげていきたいです。

(運転士姿の写真、本当にかっこよかったです♡)

参考:キッザニアに行く前の予習に使える、キッザニア関連書籍

前回の記事にも少し書きましたが、子どもたちがキッザニアで少しでもスムーズにお仕事体験をするためにはとにかく親の動き方が重要だということを身に沁みて感じています。

わが家はまだまだビギナーなので、引き続き入念なリサーチをしながら、事前に親子でよく話し合ってやってみたいお仕事のピックアップと優先順位づけをしてから行くようにしています。

親子で「次はどんなお仕事をやってみようか?」と考えるのはとても楽しいです(^-^)

キッザニアの各パビリオンやお仕事の予約システムなどについては、キッザニアのガイド本やキッザニアについて書かれているサイトやブログなどを参考にしています。

キッザニア東京 全パビリオン完全ガイド ウォーカームック

持ち運びしやすいサイズです。

キッザニア裏技ガイド東京&甲子園(2018〜19)

この本はお仕事紹介のページにフリガナがふってあるので、娘は毎日熟読してそれぞれのお仕事内容をバッチリ覚えているようです(^-^)

やりたいお仕事をピックアップして優先順位をつけていく際にもとても役立っています。

ディズニーとキッザニアに学ぶ子どもがやる気になる育て方

キッザニア流!体験のすすめ 子どもがやる気になる31のヒント